これでわかる!沖縄青の洞窟のいろは

沖縄の定番観光スポットである青の洞窟。青の洞窟では、ダイビングとシュノーケリングの2通りの楽しみ方があります。

沖縄・青の洞窟の楽しみ方は、ダイビングとシュノーケリング

沖縄と言えば日本でもっとも人気のあるリゾート。

毎年たくさんの観光客が沖縄を訪れます。

そんな沖縄で定番の観光スポットとなっているのが「青の洞窟」。

透明度が高く、青が美しい沖縄の海の中でも群を抜いて美しく、神秘的な雰囲気を体感することのできる青の洞窟。

沖縄に旅行に行くならぜひ行ってみたいですよね!青の洞窟の楽しみ方は2通りあり、1つはダイビング、そしてもう1つはシュノーケリングです。

青の洞窟は水深およそ4~12mと、ダイビングスポットとしては浅く、透明度も高いので、ダイビングライセンスを持っていない人でも体験ダイビングを楽しむことができます。

海底から見る青の洞窟は、なんとも神秘的で、非現実的な雰囲気にひたることができるのでとても人気!

他のダイビングスポットとはまったく違う感覚を味わうことができます。

また、泳ぐのが苦手な人や子どもの場合は、海面を泳ぎながら海の中を楽しめるシュノーケリングがおススメ。

水がキレイな沖縄の海では、普段めったに見ることのできない珍しい魚がたくさん!

まるで水族館にいるような感覚になることができます。

透き通った海と色鮮やかな魚たちの美しい景色は時間を忘れるほど!

きっと一生忘れられない体験となることでしょう。

青の洞窟は、時間によって青の色が変わるので、全部の青を見たい!という観光客が何度も訪れます。

非常にリピーターの多い観光スポットとなっています。

大混雑するときもありますが、一度は行ってみたい観光スポットですよね!

《 関連ページのご紹介:スカイリーフダイバーズ